本の楽園ガラパゴスは、自費出版、復刻本などの少部数出版の情報登録、検索サイトです。作家は自書を登録することで、自分の本を無料で紹介できます。書籍情報を求めている方は、作家別、作品別で書籍を探すことができます。

本の楽園ガラパゴス

 本の楽園ガラパゴスは、全国津々浦々の作家・製作者のためのサイトです。もともと作家タイプは多ジャンルです。エッセイや小説、雑誌などの文章や写真だけでなく、絵や動画などの複数のジャンルでその個性を発揮します。ここはそのハイブリッド感を書店形式で楽しむハイブリッド書店です。

PICK UPBooks!

原文対照・現代語訳 一遍上人語録

高野修

概要:語録■『一遍上人語録』(文化8年版)の原文を翻刻し、「語注」と「現代語訳」をほどこし、解説を付して理解を助ける。
作者:高野修
編者:

富士塚考 続 富士祭の「麦藁蛇」発祥の謎を解く

竹谷靱負

概要:解説書★竹谷靱負■東京(江戸)の富士塚(浅間神社・富士神社)で土産物として売られている縁起物の「麦藁蛇」その存在の真相に迫る。
作家名:竹谷靱負

関東の戦国期領主と流通

新井浩文

概要:解説書★新井浩文■ 戦国期関東における岩付太田氏と幸手一色氏の動向、下総国関宿城の利根川水運と城下形成についてまとめたもの。
著者名:新井浩文
PICK UPBooks!

民俗に学んで六〇年 ―純粋培養民俗学徒の悪戦苦闘―

福田アジオ

概要:専門書★福田アジオ著■日本民俗学を牽引してきた現代日本を代表する民俗学者が折々に記した若き学徒だった頃の思い出と民俗への思い。
著者名:福田アジオ

日本の櫓 ―その歴史と風土―

田村勇

概要:専門書★田村勇著■日本の古代船の歴史の中で、十分に解明されていないといってよい船の推進具としての技術文化を記述したい。
著者名:田村勇

近世関東の村落支配と農民

松尾公就

概要:専門書★松尾公就著■「胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり」と放言したとされる幕府勘定奉行らによる検地の実態等を分析。
編者名:松尾公就

object

笠原宏隆

概要:絵■どこまでできるか、限界を知りたいというところがあります
作家名:笠原宏隆

味噌の民俗 ―ウチミソの力―

岩城こよみ

概要:専門書★岩城こよみ著■あまり調査が進んでなかった自家醸造味噌「ウチミソ」の実態について、その民俗を明らかにした画期的な書
編者名:岩城こよみ

エッセイ

東京人02月号(2014)

高橋栄一

2014年01月31日

戦争は、二度と繰り返してはなりません。これは戦後七十年のコンセンサスと言ってもいいと思います。

東京人01月号(2014)

高橋栄一

2014年01月31日

「昼のビール」ほど、優しく眠りに誘ってくれる薬はほかにありません。ほんの少しの罪悪感が、いっそうの愉楽を与えてくれます。

東京人12月号(2013)

高橋栄一

2014年01月31日

司馬遼太郎さんは「坂の上の雲」に関連して、「個人の立身出世と国家の富国強兵が概ね一致したのが明治時代」という意味のことを書いていました。