高橋栄一登録作家のエッセイです

エッセイ > 検索結果

エッセイ「高橋栄一」

東京人02月号(2014)

戦争は、二度と繰り返してはなりません。これは戦後七十年のコンセンサスと言ってもいいと思います。

東京人01月号(2014)

「昼のビール」ほど、優しく眠りに誘ってくれる薬はほかにありません。ほんの少しの罪悪感が、いっそうの愉楽を与えてくれます。

東京人12月号(2013)

司馬遼太郎さんは「坂の上の雲」に関連して、「個人の立身出世と国家の富国強兵が概ね一致したのが明治時代」という意味のことを書いていました。

東京人11月号(2013)


二〇二〇年オリンピックの東京開催が決まり、素直に喜んでいます。スポーツは無条件に感動と勇気を与えてくれます。

東京人10月号(2013)


ここ掘れワンワン、ではありませんが、今、私たちが立っている地面を掘ると何が出てくるかーー

東京人9月号(2013)


この夏、家族を連れて帰省する方、友だち同士で旅行する方、一人旅……。多くの方が東京の玄関口から地方へと出かけられることと思います。

東京人8月号(2013)

道を歩いていると、突然ハッとすることがあります。

東京人7月号(2013)

最近のことですが、お台場を走る「ゆりかもめ」によく乗ります。

東京人6月号(2013)

本編集後記執筆時点での国内の話題は、北朝鮮がいつミサイルを発射するか、国際社会はそれにどう反応するのか。

東京人5月号(2013)

新装なった歌舞伎座がいよいよオープンします。これを機に、各紙・誌で歌舞伎座および歌舞伎の特集が組まれています

東京人4月号(2013)

創刊の1986年から2001年5月号までの16年間、本誌の発行元は東京都歴史文化財団でした。

東京人3月号(2013)

近い将来、駅ビルの再整備も始まり「百年に一度」というべき変貌を始めています。

東京人2月号(2013)

明治以降の日本の急速な近代化は、他の国々から「日本の奇跡」と賞賛されました。しかしそれは偶然ではなく、古来、日本人は外国文化を自国化することに長けていました。

東京人1月号(2013)

鍬形蕙斎(くわがたけいさい)が1809年に描いたとされる「江戸一目図屏風」の風景が、東京スカイツリーの展望台から見える風景と同じ構図で描かれていたことが話題になり、その屏風の複写が同所に展示されています。

東京人12月号(2012)

丸谷才一先生の逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りします。「東京人」は創刊以来、丸谷先生には一方ならずお世話になりました。

東京人11月号(2012)

都市間競争が喧しく語られるようになって、もうかなりの時間が経ちました。バブル経済が弾け、日本の景気が悪くなり、中国の成長が目覚ましくなると、外資のヘッドコーターは次々と東京を離れ、香港へ、上海へ、シンガポールへと去っていきました。

東京人10月号(2012)


八月号「東京地形散歩」の販売がきわめて好調なことに驚いています。地形的に、鉄道や重要施設、公園などをプロットしてみると、さまざまな発見があることを知りました。

東京人09月号(2012)

なぜ1972年なのか…企画を進める際に多くの方に聞かれました。札幌オリンピックで幕を開け…あさま山荘事件…

東京人08月号(2012)

東京は坂の町です。近年「カシミール」と名づけられたソフトが開発され、東京の地形(標高)がひと目で立体的にわかるようになりました。

東京人07月号(2012)

耳庵・松永安左ヱ門(電力の鬼)は道具屋の言い値で買い、逸翁・小林一三(阪急の創設者)は値切る。

エッセイ > 検索結果